文字サイズ

ロッテドラ4 創価大・寺嶋Vへ手応え

 「明治神宮大会・大学の部1回戦、創価大9-2富士大」(14日、神宮)

 ロッテからドラフト4位指名された創価大・寺嶋寛大捕手(4年・興誠)が、雪辱の日本一へ好発進した。チームは、来秋ドラ1候補の多和田を攻略。「練習の成果が出たかな」と頬を緩めた。

 4強入りした大学選手権は、準決勝で東海大に敗戦。寺嶋は球審の注意に集中を乱し、悔しい思いをした。それだけに「もちろん日本一にという気持ちはある」と力を込める。

 ロッテで同僚となる京大出身初のプロ野球選手、ドラフト2位の田中については、相手が高学歴だけに「僕がちゃんとしゃべれるかどうかが心配です」。冗談とも本気ともつかぬ口調だったが、この日は先発・小松を好リード。初回に2失点して以降は修正し、追加点を許さなかった。

 六回には右中間への二塁打も放った主将は「春の経験が生きている。みんな勝ち急がなくなった」と、手応えを口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス