文字サイズ

駒大ルーキー東野がリーグ戦初勝利

 「東都大学野球、駒大6‐4亜大」(9日、神宮)

 駒大が6‐4で亜大に雪辱し、3回戦に持ち込んだ。三回から救援した東野龍二投手(1年・履正社)が無失点で投げきってリーグ戦初勝利。ドラフト候補の江越大賀中堅手(4年・海星)が走者一掃など長打3本を打った。拓大は3‐0で国学大を破り、1勝1敗のタイ。指名打者で初スタメンの大熊慎也内野手(3年・松本工)が先制ソロを放ち、2試合連続先発のエース佃勇典投手(4年・広島商)が初完封した。

 亜大・藤岡の2試合連続先頭弾で始まった試合は、駒大が二回に江越の走者一掃打で逆転。その裏、亜大が2本塁打などで追いつく打ち合いとなったが、この乱戦を止めたのが駒大のルーキー左腕・東野。三回に登板すると、この試合初めて三者凡退で終えるなど、7回を無失点に抑えて勝利投手に。「真っすぐで押しました。技術ではなく、気持ちでいきました」と目を輝かせた。

 履正社では2度センバツに出場。この秋にリリーフで神宮デビューしたが、4回以上投げるのは初めて。2点リードの七回1死二、三塁では、ライバルチームだった大阪桐蔭出身で1つ上の水本を迎え、負けん気全開。「監督は同点までいいと言っていましたが、ゼロに抑えたかった」。スライダーで空振り三振に仕留め、後続も断った。

 肝の据わったルーキーが初白星。西村監督も「彼も自信になったと思うが、チームにとっても大きな戦力になる」と喜んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス