文字サイズ

春江工・栗原、進路は「プロ1本」

 「18Uアジア選手権・決勝、韓国2‐1日本」(6日、バンコク)

 決勝で初めてスタメンを外れた日本の主将・栗原陵矢(3年・春江工)は、七回2死一、三塁に代打で登場。同点打かという痛烈なライナーを放ったが、二塁手の好守に阻まれた。試合後は、「こういうメンバーに選んでもらって自信になる。(進路)はプロ1本です」とプロ志望を宣言。日本代表からは他にも高橋、香月、岡本、脇本、浅間がプロ志望届を提出する見込みだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス