文字サイズ

プロ注目の智弁学園・岡本、唯一の得点

 「18Uアジア選手権・決勝、韓国2‐1日本」(6日、バンコク)

 今秋ドラフト上位候補の岡本和真(3年・智弁学園)は七回に右前打を放ち、唯一の得点となるホームを踏んだ。今大会は全5試合で19打数9安打5打点、打率・474。それでも、準優勝の結果に「アジア一なると言ったからには、やらなきゃいけなかった」と悔しがった。帰国後にプロ志望届を提出する予定。「木のバットは1球で仕留めないとダメ。これからもしっかり練習したい」と精進を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス