文字サイズ

大分・佐野4回6K!スカウト20人

 「高校野球・大分大会2回戦、大分7-2安心院」(15日、別大興産)

 プロ注目右腕の大分・佐野皓大投手(3年)がリリーフで六回から4回を投げ4安打1失点。「今日はコントロールが悪かった。プラスは全然なかった」と厳しく自己採点した。

 春の九州大会準々決勝の東福岡戦で最速150キロをマークした。ネット裏には阪神など7球団20人のスカウトが集結したが、この日は「今日はスピードを追い掛けるなよ」という佐野監督の言葉を守り、最速は143キロどまり。八回に3連打で1点を失った。

 「打たれたのが悔しかった」。佐野は厳しい表情を見せたが、6奪三振で「大器」の片りんは見せた。「腕の振りが柔らかく馬力がある。球速もこれから伸びると思う」と広島の末永スカウトは将来性に期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス