文字サイズ

甲子園V腕の高橋光成に日米8球団集結

 「高校野球練習試合、前橋育英6-5横浜隼人」(24日、横浜)

 昨夏甲子園優勝右腕の前橋育英・高橋光成投手(3年)が、横浜隼人との練習試合に先発。今秋ドラフト1位候補のチェックに、阪神など日米8球団のスカウトが訪れた。

 1月末のバント練習中に右手親指を骨折し、本格的な投球再開が4月初旬。まだまだ、回復途上にある。この日の最速は140キロ。7回5安打4失点の結果に「いいバランスで投げられなかった」と、反省を口にした。

 それでも、スライダーやフォークで7奪三振。「変化球のキレはだいぶ戻っている。直球もだんだん良くなっているかな」と、復活へと着実に歩んでいるのは間違いない。骨折後は一時、握力が10キロ落ちたという高橋光は「握力を戻すのと、去年以上の投げる体力をつけたい」と、夏を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス