文字サイズ

智弁学園・岡本 清原に並ぶ通算64発

 「高校野球春季奈良大会・準決勝、智弁学園7‐0大和広陵」(10日、佐藤薬品スタジアム)

 プロ注目スラッガーの智弁学園・岡本和真内野手(3年)が、大和広陵戦で清原和博(元巨人、オリックスなど)に並ぶ、高校通算64本目の豪快な本塁打を放った。初回無死、7球目の甘く入ってきたスライダーにうまく反応した。泳ぎながらも芯でとらえた打球は、あっという間に左翼席へ着弾した。

 「センター返しを心がけています。大きいのを狙わずに、低い打球を打つ意識です」。今春のセンバツでは2本塁打。長打が期待される右の強打者だが、あくまでもチーム打撃に徹する構えだ。この日は3打数3安打1本塁打と躍動した。同校はコールド勝ちで3年連続23回目の決勝進出。11日の決勝で天理と激突する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス