文字サイズ

ハム大谷、無念…三重殺“アシスト”

 「日本ハム1-2ソフトバンク」(22日、東京ド)

 日本ハム・大谷が流れを引き渡す痛い走塁ミスを犯した。三回無死一、三塁で、中田が中飛。三塁走者の西川はタッチアップでスタートを切ったが、中堅・柳田の好返球で本塁憤死となった。一塁走者の大谷は本塁送球の間に二塁を狙ったが、わずかにスタートが遅れ、細川からの送球でタッチアウト。三重殺を“アシスト”してしまった。

 栗山監督は「行くならもっと早く行かないと」と苦言。野手として、経験の浅さが出た格好の大谷は「ファーストも入っていなかったし、出ながらいけば良かった」と悔やんだ。

 このプレーの直前には、スタンリッジから先制適時打。大谷は「チェンジアップにうまく対応できた」と話したが、悔しさの残る一戦となってしまった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス