文字サイズ

谷繁、監督就任を内諾!現役続行も意欲

 中日球団初のゼネラルマネジャー(GM)として、2004年から8年間指揮をとった落合博満氏(59)が就任することが8日、分かった。チーム編成の抜本的見直しを目指し、名将が球団改革に乗り出す。また、谷繁元信捕手(42)が現役を続けながら来季監督に就任することになった。白井文吾オーナーの承認を得て、監督就任を正式に要請。谷繁から内諾を得た。

 中日が最終的に来季監督を要請したのは、竜の司令塔・谷繁だった。今季限りで高木監督の2年契約が切れるため、球団は早い段階から後任監督として複数候補をリストアップ。9月25日の広島戦で敗れ、クライマックスシリーズ進出が消滅すると、選定作業を一気に進め、一本化した。

 白井オーナーからもGOサインが出たことで水面下で要請。谷繁も内諾した。谷繁は「まだ、ボクの口からお答えできる段階にはない。そのときが来れば、きちんとお話ししたいと思います」と慎重なコメントに終始。ただ、プレーイングマネジャー就任に前向きな姿勢でいることに変わりはなく、近日中に正式発表される予定だ。

 12年ぶりにBクラスに転落した中日にとって、“切り札”というべき存在だ。豊富な経験と卓越した野球理論は高く評価される。リーダーの資質は申し分ない。

 球団としては1955年の野口明以来、59年ぶりの捕手兼任監督となる。2002年に横浜(現DeNA)からフリーエージェント移籍して来季は中日在籍13年目。谷繁にとってプロ26年目のシーズンは、監督という新たな肩書を背負い、チーム再建へ向け船出する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス