文字サイズ

京都翔英・榎本11K完投 龍谷大平安撃破

 「高校野球京都大会・準々決勝、京都翔英3‐1龍谷大平安」(24日、わかさ)

 大一番を気迫で乗り越えた。京都翔英の背番号「18」のエース榎本和輝投手(3年)が1失点で今大会初の9回完投。昨秋の近畿大会準決勝に続いて龍谷大平安を撃破した右腕は、「粘り強く投げることができた。尻上がりによくなった」と11奪三振の力投を笑顔で振り返った。

 春夏連続甲子園のためには絶対に避けられない相手だ。前回は9‐8で辛勝したが「“秋の平安”と“夏の平安”は全然違う」と、伝統校の意地を肝に銘じて臨んだ。今朝も繰り返しビデオを見て準備。「データ通りでした」と言うように、二回以降の無失点は、相手打線を徹底的に分析した成果だった。

 府内最難関の壁を突破した。「自分の投球をしたら結果はついてくる」と自信満々に意気込みを示す榎本。あと2つ。センバツ初戦敗退の借りを返すためにも絶対にあの舞台に戻る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス