ホーム野球

 文字サイズ

Kスタ宮城天然芝化へ…再来年導入目標

2012年12月19日

 球場改修について会見する立花社長(左)と池田球団社長

 球場改修について会見する立花社長(左)と池田球団社長

拡大写真はこちら

 楽天が2014年以降に本拠地・Kスタ宮城の天然芝化を目指していることが18日、わかった。すでに、来年の開幕に備え、外野フェンスの改修に取り組んでいるが、より「楽しいボールパーク」を目指し、天然芝の導入を検討中だ。

 日本のプロ野球の本拠地、準本拠地で天然芝が使われているのは、甲子園、ほっともっと神戸、マツダスタジアム。それに次ぐ、天然芝球場を目指す。人工芝に比べクッション性があり、選手たちの膝にかかる負担が軽減されるほか、バウンドが不規則になり、打球判断が重要となってくるなどハイレベルな攻防が見られるメリットがある。

 ネックとなるのは仙台という土地柄だ。だが、すでに仙台市内で東北の寒さに耐えられるか、実験を兼ねた芝の育成を行っているもようで、結果が良ければ再来年の導入が可能となる。

⇒続きを見る

1 2次ページ



野球ニュース

今日みられてます

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
デイリーおすすめアイテム

注目トピックス

カードローン、即日融資

私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

阪神タイガースプリント

紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

競馬G1プリント

紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

阪神 今日は何の日?

タイガースが1面を飾った出来事が満載!

今日は誰の誕生日?

毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介