ホーム野球

 文字サイズ

Kスタ宮城、本塁打増へ両翼縮小工事

2012年11月29日

 球場の改造を行うKスタ宮城

 球場の改造を行うKスタ宮城

拡大写真はこちら

 楽天の本拠地・Kスタ宮城が来季へ向け、球場の大改造を行うことが28日、わかった。本塁打が最も出にくい球場として、これまで選手を悩ませてきた部分もあったが、101メートルあるとされる両翼を縮小。よりエキサイティングさが増した、2013年シーズンが幕を開けることになる。

 杜の都にかかるアーチが、増えることになりそうだ。Kスタ宮城は両翼101・5メートル、中堅122メートルという言わずと知れた巨大球場。12球団の本拠地を見渡しても、最も本塁打が出にくいスタジアムだ。関係者によれば、グラウンドの面積を縮め、来季に備える準備をしているという。

 具体的には、中堅までの距離はいじらずに、両翼を2~3メートル縮め、この縮めた部分を客席とする計画だ。さらに、新しくなった外野部分にはラバーが取り付けられる。これまで、選手会が再三にわたり「外野フェンスを柔らかくしてほしい」と訴えてきたが、この問題も同時に解消される。

⇒続きを見る

1 2次ページ



野球ニュース

今日みられてます

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
デイリーおすすめアイテム

注目トピックス

カードローン、即日融資

私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

阪神タイガースプリント

紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

競馬G1プリント

紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

阪神 今日は何の日?

タイガースが1面を飾った出来事が満載!

今日は誰の誕生日?

毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介