文字サイズ

仙さん、菅野サイドの“警告”に怒った

 楽天の星野監督
1枚拡大

 楽天・星野仙一監督(65)が17日、今年のドラフトの注目株である東海大・菅野智之投手(23)の「巨人以外なら米国」という報道にかみついた。現状のドラフト制度にも疑問を抱きつつ、平等で自由なシステムを訴えた。

 「もうドラフトだなあ」と、穏やかに語っていた闘将の顔が険しくなった。ことの発端は、巨人とみられる意中球団以外が菅野の交渉権を得た場合「アメリカに行くでしょう。日本にはいないと思う」と話した東海大・横井監督の発言だ。

 「何でそういうこと言うのかな?そんなこと言わずに、そうなったら勝手にアメリカに行けばいいだろ」。菅野にはこれまで日本ハム、DeNAと興味を示してきた上に「ウチだってわかんないぞ?」と、当然楽天もチェックは行っている。他球団への警告としか受け取れない行動に、我慢できなかった。

 もともと「ウエーバーにすれば、こんな問題も起きなくなる」と、これまでの制度にも疑問視している。「アイツは頭ひとつ抜けてる」と評価する最高レベルの投手だけに、ルールにのっとった公正なドラフトを願った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス