文字サイズ

【ボート】1億円エンジンでデビュー初1着飾る

デビュー初1着でVサインの中村魁生
1枚拡大

 「第55回全大阪王将戦」(6日、住之江ボート)

 “1億円エンジン”を味方につけた昨年11月デビューの中村魁生(18)=大阪・119期・B2=が、5日目第1Rでうれしい初勝利を飾った。

 レースは絶好の展開となった1周1Mを、大外6コースから冷静に差した中村が、バックで先頭に躍り出た。しかし、2Mで逆転を許してしまい万事休すかと思われたが、2周1Mで再逆転に成功。そのままトップでゴールを駆け抜けた。

 デビュー23走目での勝利に「いつも(1着を)取りたいと思っていた。(デビュー)3節目で取れて良かったです。同期でも一番ですしね」と、まだ初々しいその表情に、満面の笑みを浮かべ喜んだ。

 19号機は、昨年12月の「SG・グランプリ」で瓜生正義が優勝し、優勝賞金1億円を獲得した時のエンジン。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス