文字サイズ

V6井ノ原 初雑誌撮影の全力笑顔で社長が怒「ユー!ひどいよ」

 V6の年長者ユニット「トニセン」(20th Century)の坂本昌行(45)、長野博(44)、井ノ原快彦(40)の3人が11日、フジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜、後11・00)に出演。井ノ原はジャニーズ事務所に入って初めての雑誌撮影で全力の笑顔を作ったところ、ジャニー喜多川社長から激怒された“事件”を明かした。

 TOKIOの5人とトニセンの3人がジャニーズ事務所に入所したのは、1986年から90年。番組ではジャニーズに入所直後の話題からおおいに盛り上がった。

 井ノ原=88年入所=とTOKIO松岡昌宏(40)=89年入所=らが「SMAP学園」というSMAPのバックダンサーとして結成されたグループにいた90年のこと。井ノ原は初めての雑誌撮影にやる気満々で臨んだ。「そん時俺はカメラマンさんに『笑って~笑って~』って言われたから、すごい笑ったの。そしたら、今見ても、ひっどいブサイクなの!それ(雑誌)見たら社長が『とんでもない事してくれたな』『ユー!ひどいよ』」と怒られたことを告白。松岡も「こいつ、マジで怒られたから!」と当時を振り返り、笑いながら明かした。

 井ノ原は「そこから2年ぐらい、雑誌の仕事がなかった」と明かし、メンバーらは大笑いしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス