文字サイズ

小林麻央 がん公表後初テレビ出演 病室でインタビュー

 闘病公表後、初めてテレビカメラの前に登場した小林麻央=9日放送の日本テレビ「市川海老蔵に、ござりまする。」から
1枚拡大

 がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が日本テレビ系「市川海老蔵に、ござりまする。」(9日放送、後10・00)で病気公表後初めてテレビ出演し、インタビューを受けたことが5日、分かった。

 番組は夫で歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)に密着した特番第4弾。インタビューは1月4日、自身の病室で行われた。質問に笑顔で答え、闘病中に支えになった海老蔵の言葉や、感謝の思い、夫婦の絆を感じた瞬間などを語っている。海老蔵が献身的にサポートする様子など、夫婦の日常も放送される。

 麻央は2014年10月に人間ドックで乳がんが発覚。今回のインタビューで麻央は、16年6月9日に海老蔵が会見で病状を公表後、初めて動く姿を見せる形になる。

 麻央は5日にブログで出演の経緯を告白。海老蔵が自身に関してNG質問なく応じる姿に、「申し訳ない。何か少しでもできることがないか」と自身の提案で出演を決めた。2か月ぶりに化粧して臨んだ撮影は「久しぶりなので気合いは、必要でした」と振り返っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス