文字サイズ

新関脇正代がカド番大関琴奨菊を撃破

寄り切りで琴奨菊(左)を破った正代=両国国技館(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 「大相撲初場所・4日目」(11日、両国国技館)

 新関脇の正代(時津風)が、大関琴奨菊(佐渡ケ嶽)を寄り切りで下し、勝敗を五分とした。

 もろ差しから一気に攻めて大関を寄り切った。「立ち合いで胸をあけないことを意識しました。もろ差しの形が自分の形。あのまま攻めてよかった」と振り返った。これで2勝2敗となり「明日につなげていい相撲が途切れないようにしたい」と話した。

 カド番の琴奨菊は2敗目。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス